業務案内


MBD/MBSE受託サービス


近年、組込み業界においても、求められる機能は高度化・多様化しており、これに対する制御システムは複雑化が加速しています。
このような複雑なシステムを限られたリソースで迅速に製品化するには、開始段階から効率良く開発を行う必要があり、その手段として

MBD : Model Based Development MBSE : Model Based Systems Enginerring

を導入する流れにあります。

ETCでは、長年さまざまなハードウェア/ソフトウェア業界に携わった経験と、数値解析ツール開発により培った高等数学、物理理論、現代・知的制御アルゴリズムなどの学術的知見をベースに効果的なMBD/MBSEの実現により、お客様の複雑化したシステムを高効率、高精度で制御可能な製品の開発に貢献します。

弊社が目指すMBD/MBSEの姿
高い商品力を持った製品を効率的に開発し続けるには、MBD/MBSEによるモデルの整備とその駆使が必須です。
弊社ではMBD/MBSEを駆使し、お客様の背景、ご要求から要求仕様を汲み取り、不具合を実機試験段階に持ち込まない開発をご提案をします。

MBD

弊社が目指すMBD/MBSEの姿

弊社が目指すMBD/MBSEの姿
MBD/MBSE受託サービスの内容
現在では、ハイブリッドシステム、レンジエクステンダー、ADASなど複数の機能の組み合わせによる多機能かつ複雑化したシステム開発が求められていますが、
限られたリソースでは開発が追い付かない状況になりつつあります。

また、製品開発プロセスのV字左バンクである要求分析から実装コード作成までを効率よくモデルベース開発するためには、総合的なスキルの統合が必要となっています。

MBD/MBSE受託サービスの内容①

ETCでは、上記のようなMBDを効果的に活用できる総合的なスキルを持った技術者チームによって、お客様のご要求を要求分析から、実装コード作成までソフトウェア開発、およびHILS構築をサポートします。

弊社が目指すMBD/MBSEの姿

弊社が目指すMBD/MBSEの姿
(1)MBSEを活用した仕様のモデル化
お客様のご要望を的確に分析・仕様化するために、弊社ではMBSEを活用して開発しています。

MBDが盛んに導入される中で、「モデルをどのように活用するか?」が注目され、最も根本である仕様の在り方が置き去りになってしまい、
効率の良い開発を妨げる原因となっています。

・各部署で作成された仕様書のトレーサビリティーが取れていない
・モデルと仕様書の不一致
・派生開発、部番展開時、改造しなければならない個所の増大(コスト/工数増)
・派生開発、部番展開時、影響度分析の難易度UP(コスト/工数増)

弊社ではSysMLの記述ルールの適用だけでなく、
MBSEを実践的に開発プロセスに落とし込むノウハウを駆使して仕様を一元モデル化し、
円滑なコミュニケーション、分析による妥当性評価、再利用性向上を実現します。

MBSEを実践的に開発プロセスに落とし込むノウハウを駆使

円滑なコミュニケーション、分析による妥当性評価、再利用性向上を実現
(2)MBSEを活用したモデル検証
円滑なコミュニケーション、分析による妥当性評価、再利用性向上をさせるには、モデル中心とした設計ではなく、仕様を中心とした設計でなければなりません。

設計解析ソリューション部ではMBSEツールを活用し、機能定義、ソフトウェア/ハードウェア構造定義、I/F定義に従ったモデル作り、およびテストシナリオ抽出を行うとともに、トレーサビリティーを実現し、仕様を中心としたモデル設計・検証を実現します。

MBSEを活用したモデル検証
(3)最大効果のためのMBD
MBDの最大の利点はフロントローディングであり、下流へ不具合を持ち込まないように検証することにあります。

設計解析ソリューション部は、開発Phase毎に検証すべき項目を明確にし、発生する問題を切り分け、お客様とコミュニケーションを図りながら開発を進め、手戻りリスク削減に貢献します。

また、制御モデルの検証に必要なプラントモデルも、専門的な知識をもった技術者チームにより、検証の目的・抽象度に合わせて作成します。

最大効果のためのMBD



MBD(モデルベース開発)


モデルベース開発とは、ソフトウェアを開発する際に、ソースコードを中心にした開発ではなく、モデルを中心にした開発のことであり、シミュレーション技術を活用することで、品質と生産性の向上を両立させることができる開発プロセスです。

特にモデルは、抽象度が高い仕様でもシミュレーションすることが可能であるため、設計上流Phaseから品質の埋め込み・確認が実施できるメリットがあります。
またモデルはプログラミング言語より可読性が高いため、担当者間、 部署間の意思疎通や曖昧さの削除によるコミュニケーション性の向上効果もあり、多くの企業が導入しています。



MBD(モデルベース開発)①


MBD(モデルベース開発)②



MBSE(モデルベースシステムエンジニアリング)

お客様の要求を元に開発する製品やサービスに対する要求を明確化し、ハードウェア/ソフトウェアの区切りなく抽象度の高いところから性能や機能を定義・検証することで、システム開発の全体の最適を図り、製品やサービスなどのシステム開発を成功に導く開発プロセスのことを指します。



MBSE(モデルベースシステムエンジニアリング)①


MBSE(モデルベースシステムエンジニアリング)②






copyright 2018 @ ETC株式会社